計量スプーン

パン作りの道具
スポンサーリンク

計量に必要なこと

計量の単位にはccとgがあります。

料理のレシピのなかに調味料の粉や液体の量が書いてあります。

料理の場合の計量をするきはちょっとした量の間違いは多少料理には問題ありませんが、お菓子やパン作りなどのちゃんと図らないといけないものになるとそうはいきません。


先ほど計量の単位にはccとgがあるといいましたが、計量スプーンで両方はかることができます。

ただgとccは量が違います。

必ずすることは料理のレシピやお菓子パンのレシピなどの本をみるときはこの計量の単位を見逃さないことです。

どうしてもそこを間違いがあることが多いのできをつけてください。

スポンサーリンク

計量スプーンの選びかた

計量スプーンを選ぶ際には単位が小さいものから大きいものの何種類かを用意しておくといいです。

今は計量スプーンもccやgを量のはかりかたの説明もありますのでとても役にたちます。

あと粉と液体の場合質量が違うのでそこも理解することです。

パン作りには先程いったとおり計量のちょっとした間違いで膨らまなかったり焦げてしまったり、逆に膨らみすぎて生地が膨らみすぎることもあります。


パン作りの工程のなかでは材料をそろえる計量する混ぜる、成型する焼くですがそのなかで一番大切なのが計量ですが何を計るのでしょうか。

まずパンを膨らませることにかかせないイーストです。

必ず水気がないかどうか計量スプーンを確かめて使ってください。イーストで善し悪しが変わってきます。

次にパンの材料のなかに入っている塩や砂糖などもはかっていきます。

あとパンを作るのにスキムミルクもはかったりします。

パンの材料には強力粉薄力粉バターなどがありますがこれに関しては計量カップや計量計りなどを使ってください。

基本計量スプーンは量がとてもすくないもの計量カップは液体など計量計りは量が多いものと覚えておくとよいです。


レシピなどで計量スプーンですりきり一杯とかいてあるときがあります。

その場合はどうしても周りのもので代用しがちですがあまりよくないです。

みためは平らになっているように思えますがそうではないことが多いので、必ず計量スプーン用のすりきり用のものを用意したほうがいいです。

計量スプーンは何種類か用意したほうがよいと書きましたが単位的には5、10、15ccが一般的です。

ひと昔前は計量スプーンというと同じ形のものが多かったのですが、今現在では形が違ったものオシャレでなんと計量スプーンにすりきりまで簡単にできるようになったものたくさん種類があります。

パン作りで他の道具が気になる方は、以下の記事も参考にして頂ければと思います。

パン作りの道具
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ホームベーカリーシェフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました