小麦胚芽

パン作りの材料
スポンサーリンク

小麦胚芽とは?

小麦の、粒の2割部分を胚芽といいます。

大きく成長すると芽になる部分を「胚芽」と呼びます。

この小麦胚芽は外皮、胚乳、胚芽の3つで構成されて、粒の中心部の胚乳は8割小麦粉に加工され、胚乳は家畜の肥料になります。

その中でも胚芽は脂質、たんぱく、ミネラル、ビタミンと豊富なエネルギー栄養が含まれています。


小麦胚芽の原産地は東南アジアになります。

日本に伝わったのは紀元前400-300年になり、朝鮮半島を越え中国から日本へ伝わり、収穫は主に夏になります。

こちらの「小麦胚芽」はレシピにも使われています。

特にパンにも使われていますが、この胚芽はとにかく栄養が沢山あり栄養の宝庫といわれています(食物繊維からビタミンEB,カウシウム)とさすがの小麦胚芽です。

スポンサーリンク

健康や栄養に高い効果

昔からこの小麦胚芽はレシピ、料理に多く使われています。

パンにもたくさんの栄養素である胚芽も入っています。

これらは若返りのビタミンと呼ばれています。

朝食に「トースト」を食べて朝に小麦胚芽の栄養を頂き、朝に健康を頂きます。

それからこの胚芽には、肌を若々しくする美肌効果もあると言われています。

また骨も強く太く逞しくすると言われています、胚芽の部分は細胞の酸化を防ぐ力もあるのです。


「酸化」ー細胞が酸化して異変を起こす(、錆び付くのを)防ぐ力もあります。

パンには、小麦粉を初めこれらは身体に優しい、ビタミンが豊富なので、動脈硬化から貧血、心筋梗塞など老化も防いでくれますし、なんと言っても持久力はお任せ出来るほどです。

身体にも安心です。

この小麦胚芽はスポーツをされる方から、美肌になりたい方まで応援のビタミンになるのです。

胚芽はとにかく栄養がたくさんあるので食材の方でも活躍しております。

スポンサーリンク

お菓子にも使用

さてこの小麦胚芽に使われているのはお菓子もあります。

特に昭和から有名なお「菓子ビスコ」が有名です。

こちらは、お勧めの商品です。

子供の成長を考えたグリコのビスコとクリームコロン、ブルボンのチョコチップ、健康補助の食品として出ています「胚芽いりグラニュー」などあります。

食材は小麦粉からお好み焼き、たこ焼き、たい焼きも小麦胚芽が原料となります。

近年は女性のレシピに人気があります。

小麦胚芽でクッキーやビスケットを作りフルーツを混ぜ合わせたり、上に添えたりお洒落に美味しい栄養満点の自家製クッキーとか、シリアルに小麦胚芽を混ぜてかぼちゃの種を除きかぼちゃのクッキーなどみなさんアレンジで、おやつに食べたりと、総合ビタミンの胚芽を食材にして毎日の献立にも工夫をすると生活も楽しく又健康的にもなれます。

パン作りの材料
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ホームベーカリーシェフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました