こね台

パン作りの道具
スポンサーリンク

手作りが好きな方には必須アイテム

パンはよく捏ねなければいけません。

捏ねることによってグルテンを引き出し、ふっくらとしたパンを作ることができます。

捏ねる際には専用のこね台があると便利です。

今は製パン製菓の専門店でも取り扱いがあるので、購入しやすくなっています。

こね台を使わないでパンを捏ねるともなると、動いてしまいますし、ベタベタくっついてしまい、効率も悪いです。

専用のこね台であれば、パン生地がくっつきにくく加工されているので、こねやすいです。

サイズも色々あるので、自分が使いやすいと思えるものを見つけてみるとよいでしょう。

捏ねるだけではなく、ベンチタイムの際にパン生地を置いたり、成形をするためにも使うことが出来るので何かと便利です。

またこね台が滑らないように下に敷くマットもあるので、併せて購入をしてみるとよいです。

こね台が動いてしまうと、イライラの原因になり、美味しいパンを焼くことが出来なくなってしまいます。

ストレスフリーの状態でパンを捏ねることも大事です。

スポンサーリンク

丸洗いできるこね台がおすすめ

こね台を使うことによって、使い終わった後も丸洗いをすることが出来るなど、衛生面でもトラブルがなくなります。

手作りのものというのは防腐剤などが入っていないので、環境によってはカビが生えやすくなることもあります。

使う道具に雑菌が付着をしているようなことがあった場合、せっかく焼いたパンも台無しになってしまいます。

だからこそ、丸洗いを行うことができるこね台はとても便利ですし、重要なものになります。

こね台の素材も色々ありますが、扱っている専門業者によっても異なるので、事前にチェックをしてみるとよいです。

こね台と滑り止めマットの他にこね台を収納することが出来るカバーもあると便利です。

大きなものであれば、収納場所に困るということも出てきてしまうでしょう。

そうならないためにも専用のカバーがあるとよいです。

こね台、カバー、滑り止めマットがセットになっている業者もあるので、そのようなところを利用すると使いやすくもなるでしょう。

よく捏ねて美味しいパンを作るためには道具もキチンとしたものを購入したほうがよいです。

当サイトでもホームベーカリーで様々なパンを作っておりますが、時間があればやはり手作りのほうが焼きあがった時の達成感があります。

上手に出来た時はやはり嬉しいものです。

手捏ねには欠かすことができないこね台。

サイズが測れるように目盛が刻まれているものもあるので、レシピ本通りのパンを作ることも出来るように工夫されているものもあります。

初めてパン作りをされる方は以下の記事も参考にして頂ければと思います。

パン作りの道具
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ホームベーカリーシェフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました