全粒粉

パン作りの材料
スポンサーリンク

全粒粉の概要

全粒粉とは、胚芽やふすまなどの表皮をつけたまま碾いた小麦粉のことです。

小麦というのはふすま、胚乳、胚芽から構成されていて小麦粉は胚乳のみを粉にしたもので、全粒粉は全てを粉にしたものです。

独特な風味と、豊富なビタミン類、繊維質、カリウムや鉄分などのミネラルが残るため、普通の小麦粉よりも栄養価が高いのが特徴です。

色は茶色っぽく手触りはツブツブとしたざらつき感があります。

全粒粉独特の香ばしさがあります。

表皮や胚芽を取り除いて精製されたのは薄力粉や強力粉と比べると表皮をまるごと粉にした全粒粉は、通常の小麦粉よりも3倍程度の食物繊維や鉄分を含んでいます。

お米でたとえるなら、薄力粉や強力粉は白くてふっくらな白米、茶色くてツブツブ感がある全粒粉は香ばしく食べ応えのある玄米のようなものです。

スポンサーリンク

全粒粉の優れた栄養価

小麦を構成する成分をすべて含んでいるため、栄養価にも優れているといわれています。

特に女性の方には食物繊維の効果、ヘアケアなど美容的にも注目されています。

表皮も胚芽もまるごと粉にした全粒粉には鉄や亜鉛、ビタミンBなど髪を作ったり育てたりするために必要な栄養素が豊富に含まれているため髪に良いといわれています。

白いパンよりもGI値が低いので全粒粉のパンはゆっくりと吸収されるため腹持ちがよく、ダイエットにもおすすめともいわれています。

ランチメニューに全粒粉のパスタを提供する飲食店も増え、家庭用のカレールーに「キレの良さと香ばしさを備えたあたらしいカレーの誕生と全粒粉100%のじっくり焙煎全粒粉カレーが大手食品メーカーから発売されました。

全粒粉は食品業界でも注目されている人気上昇中な食材なのです。

小麦を構成する成分、いろいろな栄養を含む全粒粉は粉そのものに力があるので発酵力もあり、自然派に人気の天然酵母のパンを作る時の酵母作りも強い味方となっています。

天然酵母を使用しているパン屋さんでは定番の全粒粉を使ったパンはうす茶色をしていてのきめは粗目の素朴なパンです。

ふわふわの白いパンのようなきめの細かさこそはありませんが焼きたての全粒粉のパンは粉の風味、香ばしい食感を存分に味わえます。

雑穀米のような歯ごたえもあるので全粒粉を使ったクロワッサンはバターの重さを感じないサクサクとした香ばしい仕上がりになります。

パン以外にもクラッカー、ビスケットなどにも多く使用されていますので気軽に全粒粉の香ばしい味わいをぜひ楽しんでほしいです。

パン作りの材料
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ホームベーカリーシェフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました